資格無しで働いている女性の多い「アパレル業界」ですが、実は持っていると有利な資格があります。

これからアパレル求人への転職を考えているなら、面接前に資格を取得しておくことで、採用率や給与アップにつながるでしょう。

学んでいく中で、店員としてのスキルを大幅に上げられるため、自信をもって転職活動を進められるようになりますよ。

アパレル関係で有利な資格をチェック

アパレル業界で仕事をするにあたって、面接で役立つ資格をチェックしてみましょう。

興味が湧いたら、今すぐテキストを入手して、試験を受けるための勉強をスタートさせてくださいね。

<カラーコーディネーター(色彩検定)>

「カラーコーディネーター(色彩検定)」は、アパレルショップの店員として、お客様の服選びをするためにも、持っておきたい資格です。
自分自身のセンスでも良いのですが、色彩検定の知識があることで、オススメする際の言葉に説得力を増すことができます。
資格があることで、マネキンやディスプレイのコーディネートを任されたり、色彩感覚豊かな新商品の仕入れができたり、といった面での活躍もできるでしょう。
お客様だけでなく、同僚からも頼られる存在になれるカラーコーディネーター資格。 アパレル業界を目指すなら、是非手に入れておきましょう。

<ファッション販売能力検定>

アパレルの現場で存分に生かすことができる「ファッション販売能力検定」 接客やアパレル関係が未経験であっても、この資格を取得しておくことで、即戦力として働ける販売員を目指せます。
ファッションについての販売知識や技術、業務、演出など、どの項目も実際に役立つ内容ですから、テキストだけでも読んでおきたいですね。
新人には難しいクレーム処理や、顧客心理について、本部が行っている業務についてなど、知っておきたい情報が満載です。

<ファッションビジネス能力検定>

「ファッションビジネス能力検定」は、店舗の売り上げをアップするためのマーケティングや戦略についての知識が問われる資格です。
店長などの管理職に求められる内容ですが、これから転職を考える女性にも、十分役立つ内容ですから、覚えておいて損はないでしょう。
ファッションについての用語や知識が豊富なため、取得後は、接客を行う際の語彙が大きく広がり、お客様へ安心感を与えられる店員となれます。 

<商品装飾展示技能検定>

「商品装飾展示技能検定」は店舗の売り場作りを行う際の基礎知識です。
この資格を取得しておくことで、店舗で取り扱う洋服の魅力をより引き出すことができるでしょう。
デザインや色彩的なアプローチはもちろん、施設の設計や、什器、照明などが与える展示への影響などを学び、お客様の視覚へ訴えます。
将来は店長やマネージャー職を目指している、という女性は必携の資格だと言えるでしょう。