アパレルの面接では、事務職などの面接とは違った身だしなみが必要となります。

面接へ行く前に、しっかりと情報収集を行い、準備をしておきましょう。

質問事項の予測や、アパレル界の常識などを覚えておくことで、担当者へ良い印象を与えることができます。

アパレル業界の面接ファッションが知りたい

アパレル業界での面接は、いわゆるリクルート系スーツで臨むのはNG!

センスが無いとみなされ、採用が遠のいてしまうでしょう。


アパレルショップで働いてもらう人材ですから、面接時にはファッションセンスが試されます。

面接先ショップの洋服を身につけていれば、印象がぐっと上がりますが、

「何社も面接へ行く予定がある、購入しきれない」

という場合は、ライバルブランドの服を避た上で、トレンド感のある服装を選ぶようにしましょう。

ギャル系のお店へ高級ブランド服を着て行ったり、落ち着いた大人向けブランドの店へ、世代の合わない服を着て行ったりでは、印象が悪くなってしまいます。

アパレル面接でよく聞かれる質問をチェック

アパレル業界の面接では、アパレルならではの質問が飛び交います。

志望動機や自己PRへアパレル業界への熱意を込めるのはもちろんですが、ちゃんと対策を行っておく必要もあります。

よく聞かれる質問として、以下のようなものが挙げられます。

「読んでいるファッション雑誌はありますか?」

「好きなアパレルブランドはありますか?」

「どんな特集が面白かった」

「〇〇のシリーズを愛用しています」

面接先のファッションブランドが掲載されている雑誌や、ブランドを答えるのが基本ですが、それだけでは決め手に欠けてしまうこともあるので要注意です!!

面接では、洋服だけでなく、ヘアスタイルから靴までのトータルコーディネート力も必要です。


自分のセンスだけで選んでしまうと、個性的なファッションへ偏ってしまう場合があるため、面接ファッションを購入した店舗の店員さんなど、第三者の目でチェックしてもらうのがおすす

めです。ちなみに、服のシワやキズ、ヨレ、毛玉などは言語道断ですから、注意しましょう!!

アパレル関係では接客経験の有無を聞かれることも多いでしょう。

学生時代に飲食店やコンビニなどでアルバイトをした経験があれば、それをアピールします。

経験がない場合は、

「経験はないけれど、明るい性格を生かしたいです」

「昔から、接客業に興味を持っていました」

などの言葉で、前向きな気持ちを押し出していきましょう。