「アパレル業界で働く!」 と決めたらとことん業界と向き合いましょう!!

どんな仕事も楽なことばかりではありません。

大変な部分も知っておくことで、覚悟をもって仕事と向き合えるでしょう。

アパレル業界へ入社する前の準備

アパレル業界へ入社が決まったら、お店の雰囲気に合うスタッフとなれるよう、支度を整えましょう。

美容院へ行ってお店の服と合うヘアスタイルに変えたり、見た目に不安がある場合はダイエットやスキンケアなどに気遣い自分磨きをするなど、全身がブランドイメージとなるよう意識します。

制服を貸してもらえる場合は良いのですが、私服で働く場合は店舗で購入するケースもあるでしょう。

毎日着用するものですから、着回しのできる服やコーディネートしやすい服を選ぶようにしましょう。

人によって似合う服は違いますから、 「新作なら何でもOK!」 ではなく、顔立ちや体型に合わせた選択を行うことも大切です。

そうすることで、自分と似たタイプのお客様が来た時に、接客が行いやすくなります。

アパレル業界は忙しい世界です。

お客様メインで展開していくため「分からないことは入社後教えてもらおう」と気持ちでは、置いて行かれてしまう場合もあるでしょう。

入社前に、独学でファッションについての知識を増やすのはもちろん、先輩の仕事を見ながら目で盗むテクニックも身につけるようにしましょう。

アパレル業界で活躍するために大切な心構え

アパレル業界で愛される店員になりたいなら、正直でいましょう。

「売り上げを上げたいから」 といってお客様に似合わない服を売るのではなく、本当に素敵だと思えるコーディネートを提案することが大切です。

良い提案を行っていれば、お客様が笑顔になり、 「素敵な服ね、どこで買ったの?」 とその周囲へも、明るい空気が伝染していきます。

自分ではなく、常に相手の気持ちに立って考えられるようになれば、自ずと結果はついてくるはずです。

また、接客は個人戦のように感じますが、実はチームワークが大切です。

店舗の従業員意識が一つになっていないと、不穏な空気が流れ出し、お客様に居心地の悪さや嫌なムードが伝わってしまいます。

全員で協力して、お客様からの信頼を得るようにすることで、ブランドの価値や存在感をあげられるでしょう。

そうした心遣いが認められるうちに、店長への打診などのキャリアアップも望めるようになります。

ただの一店員、と考えるのではなく、自分がブランドを背負っている、という気持ちで、背筋を伸ばし、働くようにしましょう。