アパレル業界で働きたくなったら、早速求人をチェックしてみましょう。

多くの女性が、どんなお店でもOKではなく、自分の好きな商品やブランドを取り扱うショップを希望しています。

そのため、求人誌や求人情報サイトに掲載されている内容だけでなく、直接足を運んで雰囲気を確認しておくことも大切です。

アパレル求人の上手な探し方

それでは、アパレル求人はどうやって探すのが良いのでしょうか?

「求人誌」

「求人情報サイト」

「店頭の貼り紙」

これらの3つの方法の、メリットデメリットをご紹介いたします。

<求人誌のメリットデメリット>
コンビニなど、身近なところで手に入る求人誌。
無料のものも多く、気軽に手に取れる点が魅力です。
地元密着の求人が多く、すぐ面接へ行ける点も求人誌のメリットです。

その一方で、発売日には旬な情報も、時間が経つとともに鮮度を失い、次号発刊のタイミングに近くなってしまうと、人気の求人はすでに決まってしまったという例が少なくありません。
求人誌を利用してアパレル職を探すなら、発刊日にチェックし、気になる求人へできるだけ早く応募するようにしましょう。

<求人情報サイトのメリットデメリット>
スマホやパソコンでいつでもどこでも求人情報が探せる、求人情報サイト。
情報量が多いだけでなく、女性向け求人や未経験者歓迎求人に特化したサイトもあるため、自分に合った仕事と早く出会うことができるでしょう。
情報を登録しておけば希望の求人が出た時にメールを受信できたり、就職コーディネーターを通じて仕事を紹介してもらえたり、といったサービスが受けられるサイトもあります。

メリットの多い求人情報サイトですが、地域によっては情報が少なかったり、利用したサイトがアパレル求人の掲載に積極的でなかったり、という場合もあるでしょう。
住んでいる地域に求人があるかどうか、サイトの傾向はどうか、などを最初に確認してから利用を開始しましょう。

<ホームページや店頭貼り紙のメリットデメリット>
お目当てのショップやブランドがあるなら、お店のホームページで求人情報をチェックしたり、求人の貼り紙が無いか直接出向いたりしてみましょう。
メリットとしては、リアルタイムで情報が得られるということが挙げられます。
特にこだわりがない場合も、ファッションビルやショッピングモールなど、アパレルのお店が立ち並ぶ場所へ足を運べば、たくさんの求人に出会うことができます。
気になるショップの求人がない場合は、店員さんへ募集が無いか聞いてみるのも良いでしょう。

デメリットとしては、給料や待遇など、細かい部分は書かれていないケースがあります。
面接を申し込んだものの、 「話を聞いたら想像と違った……」 というケースがあることを、覚えておきましょう。